忘年会の景品


忘年会の幹事さんが一番大変なことの1つが、ビンゴゲームなどの景品ではないでしょうか。みんながその景品で盛り上がるためにも、景品選びはとても大切です。またみんなの会費を使うので、みんなの代表で景品を選ぶことは、とても責任を感じるという幹事さんもいます。そこで何がいいか頭を悩ますわけです。ここではそんな大切な景品について考えてみましょう。

商品券景品を大きく分けると、家電、ゲーム機、通信機器、ドライヤーなどの電化製品。海鮮、牛肉、鍋などセットなど食品関係。他にも食器、健康グッズ、タオル、健康枕などの生活雑貨。スイーツ、有名パティシエ創作クッキー、駄菓子などのお菓子。そしてチケット関係として、大型遊園地入場券、商品券、旅行券、カタログギフトなどがあります。もちろん他にもいろいろありますが、大きく分けるとこのように分けることができます。

そして参加賞を500円ぐらいにしておき、3位5000円、2位10000円程度、1位20000円程度というように、上位3点ぐらいは、ちょっと大きな景品にするという景品の出し方が人気です。そこで1位2位は価格も大きくなるので盛り上がりもあります。10000円ではディズニーペアチケットなどが人気です。参加賞をタオル程度の低価格のものにすれば上位3位はゴージャスにすることができます。また予算によって、1位を30000円分程度の予算を組んで、温泉旅行ペアチケットはいかがでしょう。温泉旅行もとても人気のある景品と言われています。あまり遠くなく電車で2時間程度以内のところで温泉が有名なところを選ぶといいいでしょう。

また、忘年会に参加する人数によっては大量に購入しなければいけないこともあるでしょう。その時は忘年会景品を取り扱っている通販サイトなどを見ると、会場に直送してもらうことも可能のようです。このようなサイトを利用すれば、手ぶらで会場へ行くこともできます。こちらも一度参考にしてみてはいかがでしょうか。